自動車重量税、別名重量税は、日本の自動車もしくはイタリア車等愛車の生産国やハイブリッドカー、ロールーフ車というような自動車の形状に全て同じで、レクサスやフォード、などでも普通に納付が必要な税です。コンブッカは妊婦中・授乳中でも飲んでも大丈夫?

新車登録をする際または定期車検の場合に納税が必要になる税です。ボニック

その税額はそれぞれの車の重量により決定されます。プロミス 在籍確認

「自動車重量税」と「自動車税」では完全に違う概念ですからきちんと学んで勘違いしないようにしてください。任意整理の費用

「自動車重量税という税金は車の車重で」「自動車税とは車の排気量により」金額が変わってきます。化粧品のCM

そして、買取する時の扱いも違ってきますので、注意が必要です。

車を手放すときには既に納めた車の税額がどれだけ残っていた場合でも、その税額が返ってくることはないです。

一方で自動車税でしたら支払った額を買取額に足してくれるケースがあるものの、重量税に関しては上乗せしてくれるといったケースはほとんどないといえます。

重量税の場合は車の売却時に納めてある税金が残存しているとはいえ買い取り専門業者側でそれが材料になるケースはほとんどないです。

ですのでその次の支払い、つまり車検に出すまで売らずに待ってから買取っていただくという手法が無駄がないでしょう。

中古車買取時は考慮していただけない重量税ですが特定の事例では還付していただけることもあります。

それは、車検の効力が残っている自動車を廃車にする時。

廃車登録をすれば残存期間に応じた金額が戻ってきます。

ですが、買取の場合はその自動車が廃車されるのとは異なり戻ってきません。

そして、自動車の名義の変更をした場合や、盗難にあった場合も還付してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている期間がある愛車を買い取るイコールつまり車検期間がまだあるクルマということになります。

そういったことを買取側も考慮しますので、重量税が残っていれば、買取金額は上乗せされるはずです。

もちろん、売却額は買取業者によって変わりますが、車検期間が残っている事実が忖度されれば、車の売却額からみたらそこまで割に合わないということもありません。