外国為替証拠金取引(FX)のパターンには取引所取引という場所があります。普段の外為企業と売買をするものを「店頭取引」と言いますが、この事は取引所を通過させず取引の対象はFX企業になります。「取引所取引」というのは外為取引(FX)会社は仲介であり、直のビジネスペアは取引所との事になります。この相違を今いくらか比較してみます。「店頭取引」の時は預金してあるお金は外為(FX)会社に束ねされているのです。片や「取引所取引」の場合、このお金は総額取引所に入金しなければならないと義務にされているのです。仮にFX(外国為替証拠金取引)企業が破産するような話があっても、後者は、取引所によって証拠金が全姿金防守されることになっています。前者の折はFX企業が管理しているので、業況により企業経営の行き詰まりの悪影響をに遭い託していたお金は防衛されずなのかもという可能性があります。重ねて税金を考慮しても両者については基準に違いがあります。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として月給と加算して報告をせねばなりません。けれども確定申告せず良いおりもあるみたいですので、わが身に適合するのかしないのかしっかりと確かめるようにしていただきたいです。あなたがサラリーマンで年俸2000万円以下給与の所得以外の稼ぎが二十万円以下(2.3の企業から給与所得がなし)といった条件を守っていれば例外で確定申告は不要です。FX(外国為替証拠金取引)利潤が20万円以上のケースは確定申告をしてください。税の割合は稼ぎに即して5から40%の6個の段階に文節されていまして、利益が高いようであればtaxも高くなります。「取引所取引」では、もうけがあるのならば他の手取りとは別で考え「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。税の度合いはすべて20%となりますが、もし欠損が決まったなら「取引所取引」の利点としてマイナス分を次年以降に繰越という事が可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより安いタックスになる事も大いにあるので照らし合わせてみて考えた方が良いと考えます。特に未経験者の方なら、ジャスダック株価の浮き沈みや円の状況に日々注視して、もうけや赤字にひやひやする事によって、税金においての問題を忘れがちになることもありがちです。マイナス分は困るけれども、実収が上がれば税金においても高騰するので神経を使うのと自覚が重大との事です。