お金の借入れを利用するためには、ご利用するサービスの審査に申込み、そのキャッシングサービスの審査を通過する必要があります。では、そういった審査の中では、使用する人のどの部分が判断されるのか。キャッシング会社は審査申込みをもらうと、最初、自分の企業の登録データに申込みした人が過去にエントリーされているかどうなのか、ということを調べてきます。審査基準を通過すると、信用情報機関に連絡して、申込みした方の情報があるかどうか調べます。続いて、申込者の才や以前の利用履歴といったような、個人的な情報の面も調査していくのです。最終的に、キャッシングを承認するかどうか、どれくらいの価額の融資を許すか審査します。審査項目を通ることで、カードが持て、お金の貸出しサービスご利用することが可能です。融資を受けるための手続きには、自分の個人に関する情報といえるもの丸々提供するつもりで望むことが必要です。自分のことはもちろん家族構成や、お仕事や勤務地や、住み家の状況等も審査の項目に書かなければなりません。お金の貸付け会社の厳しい審査では、そういう判断する項目のことを属性と呼びます。属性の中でも、とりわけ重視される属性が存在し、その項目に問題があった時には、審査基準を通る見込み低くなってしまいます。重要視される属性とは、その方がどんな方なのかジャッジすることができるべきで、さらに立証がとれるものについては重要視される傾向があります。重要視される属性の中でも、収入水準が知ることができる属性も重視されるようです。月収は重要視されるだろうと思われる人も多いようですが、実は自分で申告することができるもののため、年収自体の確証が見れない限りはそんなに重要とされるものでないようです。嘘の報告も可能な審査項目なので、立証ができるものより重要視することはないようです。さらに職業では、特に「安定している職種」業種であれば、審査にはプラスポイントになります。公務員などがその例で、それに続くものではホワイトカラーと言われるサラリーマンなどになります。審査に不利となってしまう職業の種類としては逆で、「安定しずらい職種」と言えます。水商売関係や、日雇いで働く方、自営業や、芸能人なども、安定した業種とは見られずらく、審査は厳しくなるようです。その他にも、住み家の面では、私有の家であるかどうなのかは無論注目されるのですが、持ち家か否かと同時に、居住年数もかなり重要とされることは豪華な家を持っているどうかではなく、どういった家であっても長期間住んでいるほうが、審査そのもの自体は有利です。ずっと住んでいると、信用できるのではないかと推測されるのです。